伐採にかかる費用|庭の手入れをラクにするには芝生の養生がオススメ

庭の手入れをラクにするには芝生の養生がオススメ

伐採にかかる費用

樹木

近年では地球温暖化対策への意識が高くなっているため、多くの自治体やご家庭で緑地化を進めることが多くなりました。樹木は植えるだけではなく適切に管理する必要があります。荒れ放題になってしまった庭は美観性を損ねるだけではなく、日当たり・風通しが悪くなってしまうため、衛生環境上でも好ましくないのです。樹木の伐採を行なうには造園会社に作業を依頼する必要があります。高所作業になることが多い伐採作業は、大きな事故や怪我に繋がりやすい作業です。豊富な経験と技術を持つ造園会社のサービスを利用して、安全に作業を行なうことが求められるのです。伐採にかかる費用として「木の高さ」「木の太さ」「リスク係数」「オプション」によって価格が異なります。木の高さは地面から木の先端までの高さが測定基準となります。木の太さは直径の長さが測定基準になり、60センチ程の太さで8千円程の費用が加算されます。得に重要になるのがリスク係数です。リスク係数とは電線や建物など、作業にリスクが伴う場合の危険度を表します。また、高所作業で特殊重機が必要になる場合のオプション料金を忘れてはなりません。大まかな目安として、15メートル位の高さまでは特殊重機がなくても伐採可能とされています。目視で高さの予測ができない場合は、造園会社と現地立ち会いの下で見積もりを依頼すると良いでしょう。造園会社によっては、伐採した木の処分にも料金が発生するケースがあります。費用がかかる項目を事前に確認した上で、予算を検討しましょう。